2017年2月16日木曜日

展覧会

去年に引き続き今年も中津3丁目4箇所合同企画展PSMG vol.002
(pantaloon,ミミヤマミシン、contact Gonzo事務所、SOMA Gallery)3月3日〜19日の金、土、日13:00−19:00で開催します、SOMA Galleryは80年代半ばより実験音楽の制作、ライブ・エレクトロニック・ミュージックによる 演奏を始めその後、音が持つ様々な側面と日常の事物
をユーモラスに同定して発想したヴィジュアル作品の制作するアーティスト、ニシジマ アツシさんの術の方便を開催します。3日18:00よりアーティストトークがありますので是非お越しください。

ニシジマ・アツシ

80年代半ばより実験音楽の制作、ライブ・エレクトロニック・ミュージックによる 演奏を始める。その後、音が持つ様々な側面と日常の事物 をユーモラスに同定して発想したヴィジュアル作品の制作も始める。2007年から2012年の間には、現代芸術の思潮に大きな影響を与えた作曲 家ジョン・ケージの生誕100周年イベント「John Cage Countdown Event2007-2012」を主宰し、連年公演を行うなど国内外を問わず、展覧会や 演奏活動を精力的に展開している。2014年には文化庁新進芸術家海外研修制度にてベルリンに滞在し、作品制作・演奏活動も行っている。

京都市生まれ。大阪芸術大学 音楽学科 音楽工学専攻 卒業

個展
2010.11「Beppu Art Month 2010 - 音の方便」BEPPU PROJECT/platform05(大分) 2008.11「Sx(a.i.u.e.o)」PRINZ(京都)

「Third Perspective』ギャルリー・パンセ:甲南大学(兵庫) 2003.10「A to C」立体ギャラリー射手座(京都)
2001. 8「音凪」同時代ギャラリー(京都)

.12「SUBTRACTIVE CREATION : VISIBLE SOUND」Location One《New York》etc.

グループ展
2016. 9「The ECHO」 高崎シティギャラリー(群馬)

. 3「opening group exhibition for Contemporary art works」 青春画廊(京都) 2013. 3 Cumin Project 「Little Melodies」GALLERY9.5/HOTEL ANTEROOM KYOTO(京都)

. 6「景 風 趣 情-自在の手付き」京都芸術センター(京都)
2012.11「“for missing O KYTO”/足りないOのために“KYTO”」小山登美夫ギャラリー京都(京都)
2011. 9「Simple Interactions」Museet for Samtidskunst/Museum of Contemporary Art Roskild《Denmark》 2010. 2「
yves blorgey invite atsushi nishijima」galerie xippas《Paris》 2009.10「ある風景の中に」京都芸術センター(京都)
2007. 5「Remembrance of things passing」CASO(大阪)
2005. 4「裏・アートマップ」京都芸術センター(京都)

.10「Slowscan Soundwave (III) and The Telaesthetic Finger」Location One《New York/USA》 2002. 7「Sound in the landscpe」Art Omi International Arts Center《New York/USA》

. 9「Signal to noise」Location One《New York》

.11「One Hand Clapping:The Interstices of Sound,Language,and Silence」Smack Mellon《New York/USA》
1995. 9「PORTES OUVERTES AU JAPON/Paris-Kyoto」Le G
nie de la Bastille《Paris》
1994. 5「Citycircus」- Rolywholyover A Circus-John Cage/The New Museum of contemporary art《New York/USA》 etc.

パフォーマンス
2015. 2「Site - Acoustical Scenery」Kunsthalle/PLU41《Berlin/GERMANY》
3「Site - Acoustical Scenery/For Troedsson Villa」日光トレッドソン邸(栃木) 2014. 7「Kyoto Protocol : Experiments in Art & Technology III」N.K.《Berlin/GERMANY》

12「EXPERIMENTELLE MUSIK 2014」Akademie der Bildenden Knste《Mnchen/GERMANY》 2013. 7「景(kei) 風(fu) 趣(shu) 情(jho)- closing event」京都芸術センター(京都)

10「nuitblanche Kyoto 2013」Institut franais KANSAI(京都)
2012.12「プリペアド・トレイン: 失われた沈黙を求めて」ー音を巡る。ケージ音楽小旅行ー(大阪)
2011.10「The sound performance“site”Atsushi Nishijima」Royal Danish Academy of Fine Arts/BKS Garage《Copenhagen/Denmark》 2010. 3「Sensing-Cities Part 3 special live」Astudio /青山学院大学(東京)
2009. 9「沈黙の茶会」-I Have Nothing to Say and I Am Saying It. 京都芸術センター/茶室(京都)
2006. 6「alkantara festival」Culturgest - sala 1,《Lisbon/Portugal》
2005.10「d.u.m.b.o art under the bridge festival」The d.u.m.b.o art center presents《New York/USA》
2003. 6「Festival of Mixolgy 2003-Roulette presents」《New York/USA》 2002. 3「March Music Festival」Location One《New York/USA》

. 7「HBITAT SNICO.CUARTO FESTIVAL DE ARTE SONORO」SALA DE ARTE PBLICO SIQUEIROS《Mexico City》 2001.12「SUBTRACTIVE CREATION : VISIBLE SOUND」Location One《New York/USA》
2000. 8「Spirits play」battle box and Victoria theater,《Singapore》
1994.12「Rolywholyover A Circus-John Cage」水戸芸術館(茨城)

2007 ~ 2012 「John Cage 100th Anniversary Countdown Event」(大阪・京都・東京・富山) etc.

受賞歴他
2013. 5 文化庁新進芸術家海外研修(日本)
2004.10 Civitella Ranieri Foundation [Civitella Ranieri Fellowship-Residence Program 2006]《New York/USA》 2001. 6 Asian cultural council/The Rockefeller Foundation [Japan-United States Arts Program Fellowship]《New York/USA》 1999. 4 岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[特別給費生報償金/Prefecture award](岐阜) 

2017年2月6日月曜日

セセリとゴボウ

本日はセセリとゴボウのカレーをご用意しました。
よろしくお願いします。

2017年1月25日水曜日

臨時休業のお知らせ

28日(土)は臨時休業致します。
ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いします。

2016年12月21日水曜日

年末年始営業のお知らせ

年末は12月28日(水)までの営業となります。
年始は1月7日(土)からの営業となります。どうぞよろしくお願いします。

2016年12月15日木曜日

パクチーとグリーンチリのチキンカレー

本日はパクチーとグリーンチリのチキンカレーをご用意しました。
よろしくお願いします。

2016年12月7日水曜日

電車公演




2016年12月4日の電車公演
「クラブ電車  ストラクチャーの冒険 」
にたくさんのお客様に来ていただき、ありがとうございました。
出演者の皆様、関係者のみなさん、お疲れ様でした、ありがとうございました!

2016年11月21日月曜日

秋蒔きカレーリーフ

2016年、9月の終わりに種まきしたカレーリーフはスクスクと育っています。
寒さに弱いので、これからが心配です。
このままにしておくか、ポットに植え変えるべきか、、、迷うところであります。

残り半分の種は来年の春に蒔こうと思います。